カネス製麺 トップページ > 会社案内 > 会社沿革

会社案内

カネス製麺工場直売所
明治40年 菅野商店として創業
昭和10年 カネス製粉製麺株式会社として設立。
食品会社でカタカナの社名をいち早く採用。
昭和29年 カネス製麺株式会社とする。
製粉業を廃し、製麺一本化とする。
昭和30年代 インスタント王将ラーメン、ゆでうどん王将うどん等、即席麺の製造販売を行うが、業界の大手集約化を予測、乾麺一筋の方針を確立。
昭和46年 増資 資本金2000万円
昭和47年 兵庫県手延素麺協同組合組合員となり手延素麺「揖保乃糸」の製造に参画。
日産50袋(25kg)
昭和58年 増資 資本金3000万
昭和61年 機械乾麺工場竣工、小麦粉サイロ、自動製麺ライン、熟成装置、自動乾燥装置を完備し、日産(定時)10トンの生産能力となる。
昭和63年 そうめんの貯蔵、及び配送倉庫完成。1350㎡ 5万ケース(9kg)の貯蔵と配送の合理化をはかる。
業界の常識を破る1kgの大容量商品「カネス揖保」を発売、大ヒット商品となる。(後にいぼ川に改名)
平成2年 増資 資本金5000万
群馬 星野物産株式会社と業務提携、播州手振りうどんの製造販売を行う。
品質の向上を図るため、機械乾麺工場の完全空調設備導入。
揖保乃糸ギフトの自動ギフトライン導入。(日産5000個)
平成3年 そうめん熟成倉庫完成。1600㎡(総2階建)15万ケース(9kg)保管
平成8年 機械乾麺自動包装箱詰ライン完成。
平成9年 移動ラック倉庫及び作業場完成。2100㎡
そうめん熟成倉庫として15万ケース保管。
揖保乃糸ギフト工場、食堂、大会議室、衛生設備を完備。
平成11年 株式会社サンリオと版権契約
業界初キャラクター商品としてハローキティそうめん販売開始。
平成13年 決算期を毎年3月31日に変更。
乾麺自動包装ライン新設。ラインとして150%の処理能力とする。
東京連絡所を開設。
平成14年 ISO9001認証取得。(5月13日)
食品工場としての品質保証体制を確立する。
平成15年 揖保乃糸ギフト第2自動ライン増設。(日産6000個/8h)
乾麺自動包装ライン増設。ラインとして150%の処理能力とする。
平成18年 乾麺工場パレッタイズシステム新設(パレッタイザ3基)
平成17年 業界初特定保健用食品(トクホ)松谷のおそば販売開始
(平成13年に試作申請し、当年認可を受ける<松谷化学工業㈱>)
平成19年 乾麺自動包装ライン2ライン増設(5ラインとなる)
平成21年 揖保乃糸製造工場新設、手延そうめん30袋(25kg)の「白き糸の創造と伝承」工場として品質の向上、衛生管理を主体とした 安全、安心を目的とする。
延床面積1490㎡、日産3000個のギフト工場併設。
平成22年 立体自動倉庫新設、高さ16メートル、延床面積636㎡、立体部846パレット、平倉庫部300パレットの製品収納。
平成24年 乾麺HACCP認証取得(3月22日)
ISO22000:2005認証取得(4月2日)
FSSC22000認証取得(11月14日)
平成27年 サンリオ ぐでたま 版権取得
サンリオ ハローキティ×ドラえもん 版権取得
東映アニメ ワンピース 版権取得