製造工程

カネス製麺工場直売所
明治時代中期あたりから機械による乾麺の製造が全国に広がりました。 特にカネス製麺のあるいぼ川地域は、気候・風土に恵まれ良質な麺の産地として知られております。
古い伝統の上に新しい技術で、小麦の風味を生かした舌ざわり歯ごたえの良い播州麺をご賞味下さい。


手延素麺「揖保乃糸」、そのきめこまやかな風味は夏の食卓に一番喜ばれる料理といえるでしょう。
小麦粉に食塩水を加え、よく練り合わせて麺の生地を丁寧に引き延ばし一本の素麺に仕上げていきます。麺の生地は短時間で細く引き延ばそうとすると切れてしまいます。無理なく縒(よ)りを掛けながら延ばせるだけ引き延ばし、ねかし(熟成)を十分にとった後、引き延ばしていきます。
揖保乃糸はこの「ねかし(熟成)」と「延ばし」の工程を数回繰り返して丹念に作りあげられます。